注文住宅の外構について注意すべきポイント

注文住宅の外構について注意すべきポイント

予算をしっかり確保すること

注文住宅を建てる際には、建物だけでなく、その周辺のガレージやブロック塀といったエクステリアをどうするかについても慎重に検討する必要があります。これらは一般に外構と呼ばれるものですが、その工事費用は意外と高く、建物の建築費用だけ見ていると予算が足りなくなってしまう恐れがあります。そのため、予算を設けるときは、あらかじめ外構費用を確保しておくようにしなければなりません。一般的に、外溝工事には建物の建築費の2割から3割程度が必要と言われています。そのため、例えば3,000万円くらいの建物を建てるのであれば、少なくとも100万円程度は外構の予算として見ておいた方が良いでしょう。

外構業者をしっかり選ぶこと

外構工事をどの業者に依頼するかも重要なポイントです。通常は建物の建築を依頼する住宅メーカーなどに外構もまとめてお願いするというケースが多いのですが、これにはメリットとデメリットの両面があります。すなわち、契約手続きが1回で済むという点や、建物と外構のデザインを統一的なものにしやすいというのはメリットですが、一方で外構工事費が高くなりやすいというデメリットにも注意しなければなりません。もしなるべく外溝にかけるコストを抑えたいというニーズが強いのであれば、専門の外構業者を別途選んで工事を依頼するというのも一案です。ただし、外構業者のクオリティは玉石混交ですので、選ぶ場合は評判や口コミなどをチェックして、信頼できるところを見つけるようにしましょう。

福岡の注文住宅が多くの顧客から高評価を得ているのは、施工レベルや技術レベルが全国最高レベルを誇る工務店によって手掛けられていて、顧客目線で長く安心して暮らせる住環境作りを得意としているからです。