こんなに簡単!?失敗しない注文住宅デザインの手順

こんなに簡単!?失敗しない注文住宅デザインの手順


大切な住宅の土地選び

憧れのマイホームを注文住宅で建てるときの最大の魅力はすべてを自由に決められることです。反対に失敗すればすべて自己責任になります。そんな家づくりで大切なことはしっかりとした手順で決めていくことです。先ず自分のライフスタイルや収入を前提としてどのようなマイホームが欲しいのかを決めます。広い土地を必要とするなら土地価格の安い地域での住宅土地選びがいいかもしれません。通勤などの関係で都心からあまり離れられない場合は、可能な範囲で土地の広さを諦める必要があります。

注文住宅デザインの手順

家づくりで最も大切なのは家のデザインです。注文住宅のデザインを失敗しないためには参考となるデザインのイメージを沢山集めることを勧めます。本当に自分たちが欲しいものを具体化する最短の手段は沢山のイメージを見ることです。資料が集まったら先ず洋風にするか和風にするかを決めます。方向性が決まったら次は基本性能です。基本性能とは耐震性能や断熱性能、太陽光システムなどの家全体にかかわる機能のことをいいます。早い段階で決めておかないと窓の設置や壁面の厚さなどデザインに影響するからです。次いで部屋数、それぞれの部屋の広さを決めていきます。家族構成に応じた間取りが決まることによって具体化できるのは家族の家での過ごし方です。それぞれの人がどのように過ごすかがイメージできるとコンセントなどを含めた家電の配置も明らかになります。ここで大切なことが家族同士でイメージをすり合わせておくことです。すり合わせによって家族内で何を優先して作り上げて行くのかがイメージアップし易くなります。

老後を気ままに過ごすには快適な住環境が必要ですが、注文住宅は身の丈に合った拘りの快適空間を作り出せて、集合住宅での隣人トラブルや騒音トラブルに悩まされることはありません。